ページ Topへ

blog

サドンデス

Blog_2017_06@2x

サッカーで、「サドンデス」という言葉が使われなくなって久しい。
試合が拮抗し、前後半で決着がつかず、延長に入って
先に点を入れた方がその時点で勝ちとする、
そのルールを「サドンデス(突然死)」方式と言った。
私はこの「サドンデス」という言葉が好きだった。
何か不穏で、不条理、でもロマンがあって。情熱的な、
サッカーというスポーツのイメージに、ぴったりだったように思う。
だけど、不吉で、ネガティブな印象が良くないという理由で
「(延長)Vゴール」とか「ゴールデンゴール」に変えられてしまい、
やがて、この方式自体も採用されなくなってしまった。
サッカーはなかなか点が入りにくい競技だ。
故に劣勢のチームが偶然入れた虎の子の一点を守り抜いて勝つこともある。
シュートの雨を降らせ続けた優勢のチームが、
一発のカウンターで負けることもある。
そんな番狂わせ、理不尽なことが起きうる負のイメージが、
「サドンデス(突然死)」にはあったと思うのだ。

闇雲に「負」を排除する。そんな言葉狩りの例は山ほどある。
例えば、「痴呆症」は患者に対して差別的で可哀想だとして、
「認知症」と呼称を変えた。しかし「認知」だけでは、
何が不全か症状がイメージしづらく、分かりにくくなったのではないか。
「障害者」は、「害のある人」のようで不適切とのことで、
「障がい者」が多用される。ただ本来は「障害」という単語であって
「害」だけ取り出して問題視するのは、木を見て森を見ずだとも思うのだ。
「子供」は、大人のお供のようで従属イメージが相応しくないとのことで、
最近は「子ども」が多く使われる。
「片手落ち」に至っては「片手・落ち」であると差別用語のレッテルを
貼られているが全くの誤解で、元の意味は「片・手落ち」。
すなわち「手落ちが片方だけ」という意味である。

ネガティブ・チェックの繰り返しで意味が曖昧になり、
リスクヘッジだけが目的となって、知らないうちに
「改善」ではなく「改悪」になってしまう。
それはただの責任逃れでしかなく、
本来の目的や意味、ルーツまでも失ってしまう。
ある一定の「毒」が有効だったりするのに、
過剰な無菌室を目指して、不健康になる。
例えば公園から、少しでも危険な遊具を撤去していった結果、
何もなくなってしまうような皮肉。
クレーマーの増加も一因だろうが今、多くの行政は
「動く遊具(回転ジャングル、シーソー)」に後ろ向きだそうだ。
危険を排除することは、それだけで正義なのか。
公園の本来の目的は何なのか。逆に痛みや危険を知って学べることがある。

また、最近よく使われる「ブラック企業」という言葉。
労働者を搾取する横暴な企業に、警鐘を鳴らす為にも
いま必要な役割を果たしているとは思う。
しかし、頭ごなしに善悪を二分する傲慢さと、
それをただの印象・イメージで伝える曖昧さを
私は感じてあまり好きではない。
何を持って「ブラック」とするかの根拠を、
未だ厚生労働省も定義できていないせいもある。
天使か悪魔か、という短絡的な二者択一。
このようなレッテル貼りは無理矢理白黒つけるがあまり、
かえって不正が陰湿化し問題が潜ることもある。
逆に、清廉潔白なホワイト企業ってどの程度存在しうるのか。
ほとんどがグレーなんじゃないか。
世の中そんな見事に、色分けできないはずだ。

時代の変化で、なくなっていくもの、入れ代わってゆくものがある。
それは、普段から無自覚に使う「言葉」に顕著で、
日々作られ、改ざんされ、淘汰されている。
その人知れず、すり替わっていく中に、
とても大切なものが含まれているのではと思う。

清濁併せ呑む寛容さが社会から消え、
毒が言葉からなくなって、豊かさや品が消えてゆく。
体育館裏とか、川辺の草むらとか、ビルの隙間とか、
一見すると如何わしい、何気ない日常の怪しい余白に、
救われたりすることがある。少なくとも私にはあった。

こんなことが気になっているのは、私だけだろうか。。


| 未分類 | 2017.06.30

紙の本

最寄駅。改札近くにあった本屋がなくなって、しばらく経つ。
近頃は、kindle(amazon)などの
電子書籍(ネット通販)が主流になりつつあるからなのか。
どの街に行っても、本屋を探して見つからないことが多くなった。
思わずできた余白の時間、暇潰しにと入ったらひょんな出会いがある、
そんな憩いの迷宮みたいな場所が好きだったのに。。
でも逆に、小さくてもセンスのいいインディペンデント書店が、
路地裏あたりで気を吐いていたりするから、
なんだかホッとしたりもするのです。

電車に乗っても風景は変わった。
ゲームや音楽に夢中な人がやたら多いが、
とにかく新聞や雑誌、漫画を開いてる人は皆無で、
ほぼ一応にスマホかタブレット端末を開いている。
うつむいて徒らに時間を持て余し、
又は喰い入るように画面に囚われ、忠誠を誓い、翻弄される。

確かに電子書籍は、膨大な情報量を
コンパクトに持ち歩きできるから、
自分の本棚を持ち歩くみたいで、とても便利だ。
新聞を読むのに巧みに畳む気遣いも要らず、
お色気グラビアや気まずい内容の記事、アプリでも
人目をはばかることなく、ガン見・熟読できる。
しかも、いつでもどこでもデバイスを変えずに、
思い立ったらすぐに始められる。
また、デジタル特有の情報処理もできる。
気になる箇所にハイライトを入れたり、コピペして他に引用できたりする。
インターネットですぐに検索して、関連情報に飛ぶこともできる。
どこをどうとっても効率よく、直ちに必要で興味のある情報を、
大量に手に入れるには、もはや欠かせない存在なのだ。

しかし(とりわけ私にとって)、
電子点滅の文字はやっぱり目が疲れる。
そして一見合理的に見えて、
あまり記憶に残らないような気がするのだ。

「紙の本」は、その重さや厚み質感を感じながら、
表紙や背表紙のデザインを眺めて
インクや紙の匂いを嗅ぎつつ、印字された文字列を味わう。
扉を開いて本世界に没入し、一瞬我に返るというか、
どこでもない圏外を経由する「ページをめくる行為」がある。
どれくらい読み進んだか、いま何合目くらいかを絶えず自覚する。
時には通り過ぎた箇所が気になって、引き返し、
何度か繰り返し読んでみたり、下線を引いたりメモしたり、
自分仕様にカスタムすることもある。

また、日々の生活の中で、
表紙や背表紙・本棚は物理的に視界へ入ってくる。
テーブルの上から「まだまだこれからだぞ。」
カバンの中から「読了しないのか?」と問いかけてくる。
そうして、完走した証し、労力の成果として手触りのある物体が残る、
という達成感・カタルシスがある。
本棚はさながら、そのトロフィー・賞状を飾る
「自己紹介のショーケース」のようだ。
それらはつまり、眼のみから入力される情報ではない、
総合的な深い質を伴う「体験」なのだと改めて思うのだ。

テニスプレーヤーのノバク・ジョコビッチは食事中、
必ずテレビも音楽も流さず、ただ「食物」と向き合うそうだ。
理由はその方が、視覚・嗅覚・触覚など五感を総動員して
「食物」を味わうことができるからだという。
「食物」という情報インプットを、
一つの体験として隈なく貪るかのように。
いま、デジタルの世界ではVRなどの「体験」ブームだが、
それは所詮、アナログ→デジタルへの移行で零れ落ちた「体験」価値を、
マッチポンプの如くまた落穂拾いしているだけなのかもしれない。

書籍の新しい形態を体感して思うのは、
案外「紙の本」はアナログな旧媒体というより、
実は総合的な体験としての読書を実現する
「エンターテイメント・デバイス」ではないか。
二項対立で、新旧どちらのどこがいいか悪いかより、
それによって「紙の本」の価値が
再発見・再定義されたことに意味がある、と思ったりするのだ。


| BLOG | 2017.04.18

電話BOX

Blog_2017_02@2x

若い世代で、電話BOXの使い方がわからない人がいるそうだ。
①受話器を上げて→②硬貨(テレホンカード)を入れて
→③電話番号を押す、の順を間違えるという。
また、ケータイの連絡先に頼ってしまい、相手の電話番号を
記憶していないケースも多いらしい(私もそのひとりですが)。
何らかのトラブルに遭ってケータイを失ったら、
身内に連絡することができないのだ。

これだけケータイが普及したのだから、ムリもないと思う。
自宅に固定電話機を置かない世帯も増えているし、
20代では1割強ほどだと言う。
大和郡山市では、大量の水と金魚を入れ、
巨大な金魚鉢アートとして鑑賞していたりする。
もはや電話BOXは、時代に取り残された無用の長物なのかもしれない。
公衆電話は1984年に台数がピークを迎え(約93万台)、
1999年までに硬貨専用機から
全てテレホンカード対応機へ置き換えが完了し、現在は約17万台。
なんと世の中にある公衆電話は、ピーク時の2割にも満たないそうだ。

硬貨しか使えなかった頃、100円玉では釣り銭が出ないので、
込み入った用件だったり、相手が遠距離だったりする場合は
何をどの順番で言おうか、話したい&伝えたいことを頭の中でまとめて、
一呼吸置いてから受話器を上げていた。
ましてや相手方は固定電話で、誰が出るかわからない。
予め10円玉をたくさん積んでおいて、
話がこじれそうな際には満を辞して100円玉を投入し、
残り時間と残り硬貨を睨めっこしながら話してたっけ。

テレホンカードはその解決策としても開発されたそうだけど、
硬貨が落ちていく音を聞きながら、もうすぐ切れる!という前に、
からくも追加投入して会話を続けた。
それは、繋がっている時間が、儚く、有り難く、
緊張感あるリアルな体験として、
ケータイにはない密度の濃いものだったのだと思う。

ただそんな、絶滅危惧種の電話BOXも、
いたずらに放置されているだけかというとそうでもないらしい。

実は防犯・防災目的で、ある一定数をわざと残しているそうだ。
非常時・災害時用のライフラインとして、
いざという時無料開放し使えるようにするために、
自治体に設置が義務付けられている。
また新しい試みとして、ロンドンでは既存の電話BOXの屋根に
ソーラーパネルを設置して、30秒でケータイ電話が充電できる
ソーラーBOXとして再利用するビジネスが始動したらしい。

「人影も見えない 午前0時 電話BOXの 外は雨
かけなれたダイアル回しかけて ふと指を 止める」

流行りうたにも頻繁に登場した「電話BOX」は、
人の間のコミュニケーションの表舞台からは退いて
一気に絶滅するわけではないにしろ、
細々とその役目を延命されているようである。

その昔、電話線の向こうの相手と、
どうしても話したくて、声を聞きたくて
いくつかの感情が飛び交った透明な箱。

あらゆるものが繋がりまくった現代で、
まるで城跡のかつてを見るように、あの頃を想像しながら
ふとまた立ち止まってしまうのでした。


| BLOG | 2017.03.13