ページ Topへ

blog

紙の本

最寄駅。改札近くにあった本屋がなくなって、しばらく経つ。
近頃は、kindle(amazon)などの
電子書籍(ネット通販)が主流になりつつあるからなのか。
どの街に行っても、本屋を探して見つからないことが多くなった。
思わずできた余白の時間、暇潰しにと入ったらひょんな出会いがある、
そんな憩いの迷宮みたいな場所が好きだったのに。。
でも逆に、小さくてもセンスのいいインディペンデント書店が、
路地裏あたりで気を吐いていたりするから、
なんだかホッとしたりもするのです。

電車に乗っても風景は変わった。
ゲームや音楽に夢中な人がやたら多いが、
とにかく新聞や雑誌、漫画を開いてる人は皆無で、
ほぼ一応にスマホかタブレット端末を開いている。
うつむいて徒らに時間を持て余し、
又は喰い入るように画面に囚われ、忠誠を誓い、翻弄される。

確かに電子書籍は、膨大な情報量を
コンパクトに持ち歩きできるから、
自分の本棚を持ち歩くみたいで、とても便利だ。
新聞を読むのに巧みに畳む気遣いも要らず、
お色気グラビアや気まずい内容の記事、アプリでも
人目をはばかることなく、ガン見・熟読できる。
しかも、いつでもどこでもデバイスを変えずに、
思い立ったらすぐに始められる。
また、デジタル特有の情報処理もできる。
気になる箇所にハイライトを入れたり、コピペして他に引用できたりする。
インターネットですぐに検索して、関連情報に飛ぶこともできる。
どこをどうとっても効率よく、直ちに必要で興味のある情報を、
大量に手に入れるには、もはや欠かせない存在なのだ。

しかし(とりわけ私にとって)、
電子点滅の文字はやっぱり目が疲れる。
そして一見合理的に見えて、
あまり記憶に残らないような気がするのだ。

「紙の本」は、その重さや厚み質感を感じながら、
表紙や背表紙のデザインを眺めて
インクや紙の匂いを嗅ぎつつ、印字された文字列を味わう。
扉を開いて本世界に没入し、一瞬我に返るというか、
どこでもない圏外を経由する「ページをめくる行為」がある。
どれくらい読み進んだか、いま何合目くらいかを絶えず自覚する。
時には通り過ぎた箇所が気になって、引き返し、
何度か繰り返し読んでみたり、下線を引いたりメモしたり、
自分仕様にカスタムすることもある。

また、日々の生活の中で、
表紙や背表紙・本棚は物理的に視界へ入ってくる。
テーブルの上から「まだまだこれからだぞ。」
カバンの中から「読了しないのか?」と問いかけてくる。
そうして、完走した証し、労力の成果として手触りのある物体が残る、
という達成感・カタルシスがある。
本棚はさながら、そのトロフィー・賞状を飾る
「自己紹介のショーケース」のようだ。
それらはつまり、眼のみから入力される情報ではない、
総合的な深い質を伴う「体験」なのだと改めて思うのだ。

テニスプレーヤーのノバク・ジョコビッチは食事中、
必ずテレビも音楽も流さず、ただ「食物」と向き合うそうだ。
理由はその方が、視覚・嗅覚・触覚など五感を総動員して
「食物」を味わうことができるからだという。
「食物」という情報インプットを、
一つの体験として隈なく貪るかのように。
いま、デジタルの世界ではVRなどの「体験」ブームだが、
それは所詮、アナログ→デジタルへの移行で零れ落ちた「体験」価値を、
マッチポンプの如くまた落穂拾いしているだけなのかもしれない。

書籍の新しい形態を体感して思うのは、
案外「紙の本」はアナログな旧媒体というより、
実は総合的な体験としての読書を実現する
「エンターテイメント・デバイス」ではないか。
二項対立で、新旧どちらのどこがいいか悪いかより、
それによって「紙の本」の価値が
再発見・再定義されたことに意味がある、と思ったりするのだ。